サイトマップお問い合わせ

保育方針

保育方針

  1. たくましく のびのびとした 明るい子 - 楽しく豊かな保育環境の下で意欲的に活動する。
  2. 自分で考えて行動できる子 - 自立心を大切にする保育環境によって考える力が培われる。
  3. 思いやりのある子 - 豊かな感情体験ができる保育環境によって、感性豊かで思いやり深い心情が育まれる。

年代別保育目標

  • 十分に擁護の行き届いた環境のもとに、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な要求を適切に満たし、生命の保持及び精神の安定を図る
  • 暖かく豊かな環境のもとで、子どもが自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。

0歳児

保健的で安全な環境を作り、応答的な援助によって人への信頼感を形成する。又、豊かで変化に富んだ環境を整え、活発な探索活動を促し、健全な心身の発達を図り、望ましい未来を作り出す基礎を培う。

1歳児

保健的で安全な環境を作り、応答的な援助によって人への信頼感を形成する。豊かな環境を整え、意欲を大切にして自発性を高め、健全な心身の発達を図る。

2歳児

保健的で安全な環境を作り、応答的な援助によって人への信頼感を形成する。 豊かな環境を整え、自発的・意欲的な活動を大切にしながら応答的な援助をして自我の芽生えを温かく見守る。

3歳児

保健的で安全な環境を作り、保育士との信頼関係の中で安心して生活できるようにする。この情緒の安定を基盤として、周囲の様々な事柄に興味や関心を持ち、意欲的に活動できるように援助して発達を促す。

4歳児

保健的で安全な環境を作り、保育士との信頼関係の中で安心して生活できるようにする。身近な環境や友達に意欲的に関わり、様々な体験をするように援助することで、思考力、社会性を伸ばし、健全な心身の発達を促す。

5歳児

保健的で安全な環境を作り、保育士との信頼関係の中で安心して生活できるようにする。友達とのつながりを深め、自立を自身を養い意欲的に様々な活動をするように援助して思考力、社会性を伸ばし健全な心身の発達を促す。